ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

薬剤部紹介

当院の調剤部門として医薬品情報管理、患者さまへ正しく効果的な服薬指導を中心に業務を行っています。

外来調剤・入院調剤

当院では、医薬分業の推進のため、原則として院外処方としています。そのため、当院での調剤は、入院の処方が主体となっています。当院は、療養病棟が主体ですので、患者さまが錠剤そのままでは服用が困難であり、入院処方(定期処方)の8割以上が錠剤・カプセルの粉砕等を含む散剤です。処方箋の受付時には薬の量や服用時間、飲み合わせの悪い薬の確認のほか、必要に応じ、粉砕の可否など処方せん記載内容を確認し、患者さまが服薬(使用)しやすいよう、さらに患者さまのご家族の人や病棟において薬の管理を行いやすいように服用時間ごとに一包化を行うなどの対応を行っています。

注射薬業務

注射薬は一般に効果の発現がはやく、その使い方には特に注意が必要です。注射薬も内服薬と同様に薬剤師が処方せんの内容を確認した上で取り揃えております。

薬剤管理指導業務

各病棟では、入院患者様が安心して薬物治療を続けられるよう薬剤管理指導業務(服薬指導)を行っています。担当薬剤師が患者様のベッドサイドへ直接伺い、お薬の作用や注意点についての説明、副作用の早期発見などのモニタリングを行います。

医薬品の発注・在庫管理

コンピューターを用いて、内服薬、外用薬、注射薬のほか、処置薬・消毒薬の発注、供給、在庫管理を行っています。また、ジェネリック薬の導入への協力、さらに病棟等配置薬の在庫や使用期限の確認による在庫薬の適正化に貢献しています。

医薬品安全性情報の収集および提供

医薬品の安全性情報の提供や添付文書の改訂、医薬品の供給等にその他医薬品に関する問い合わせなど、医薬品・医療機器全般にわたる情報を提供します。

ここからサブメニュー

  • 地域医療連携室
  • 患者様相談窓口

サブメニューここまで

本文ここまで

このページのトップへ

ここからフッターメニュー